無料 マジシャン リチャード・シブヤのブログ 超能力喫茶?

マジシャン リチャード・シブヤのブログ

大阪のプロマジシャン リチャード・シブヤのブログです。 仕事のこと、普段思っていること、また、超能力、超常現象などに関することも書いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

超能力喫茶?

前に指輪テレポートの話をしました。

今回はそれに少し似た話です。

超能力喫茶信者の女性からのメールでした。

その女性は、半年ほど前の海外旅行中になくしてしまった指輪が、超能力喫茶へ行く途中の電車の中で、バックの中から出てきたというのです。

彼女はこれを喫茶店のマスターの起こした奇跡と主張するのですが、それはちょっと首をかしげたくなります。

もしマスターが「あなたのなくした指輪はいついつ、どこどこから出てきますよ」と言って、その通りになれば、超能力かもしれません。

でもそうではありません。 この場合は、「なくなった指輪がたまたま出てきた」というだけの話です。

そう言うと、彼女は、「しかし海外旅行に持っていった鞄と、指輪が出てきた鞄は違うものだった。 だから普通ではあり得ない。やはりマスターが奇跡を起こしてくれたのだ」と言い張ります。

そこで私は仮説をたててみました。
指輪は海外旅行中、衣服、又は荷物の中の小物か何かの中に紛れて引っかかった状態だった。 帰国して、それを別の鞄に入れ替え、その中で落ちてしまった。

すると、彼女は「そんなことあるはずがないでしょ。 あなたは想像力が豊かですねぇ(笑)」と返事してきました。


う~ん、超能力で海外から鞄の中へ指輪をテレポートさせたと思いこむ方がよっぽど想像力が豊かだという気がしますが・・・・


つまり、こういった少しハズれたことを信じ込んでしまった人は、常識の範疇そのものがズレてしまうようです。

たしかにオウム信者やライフスペースの「定説です」などは、これの顕著な例ですね。

誤った方向へつっ走っていった人を元に戻すのは大変なことです。
どんなにトリックである証拠をつきつけても、真実に目を向けようとしません。

しまいには、「確かに彼のやっていることは手品かもしれないが、それとは別に、彼には超能力がある。」などと言い出す始末。

彼の技を見て超能力だと信じたのに・・・・
原因と結果が逆転して、とりあえず「超能力ありき」になってしまってます。 ヤレヤレ

スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<プロとアマ | HOME | 秋葉原事件の報道を見て一言>>

この記事のコメント

こんばんは。
最近マジックに凝って、本を買ってみました。
そしたら巻頭に「マジックを超能力と称して純粋な人を洗脳してはいけない。超能力者として信者を作るようなことはしてはならない。」という趣旨の注意書きがありました。

彼の行っている行為はタブーなんですね。

しかしマジックは面白いですね!
2008-07-10 Thu 20:05 | URL | ファン #mQop/nM.[ 編集]
我々マジシャンはショーの演出として「嘘」をつくことがあります。
しかし、それは客も騙されることを了解した「嘘」です。

例えば、芝居で役者が医者を演じても、客はそれが本当ではないことはわかっています。
しかし、実生活で医者でない人が医者を語れば、それは嘘になります。

やはり人の精神状態に影響を与えるような嘘はつくべきではありません。


マジックは、学ぶほど奥の深さ、面白さがわかります。 がんばってくださいね(^^)
2008-07-14 Mon 23:16 | URL | リチャード・シブヤ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。